iPhoneを水没させやすい場所は身近な場所に隠れています。
iPhone修理大宮西口店、八王子店での故障割合データを見ると、
水没されてお持ちするお客様が大変多いです。

どこで水没することが多いのか?水没スポットランキングトップ5をまとめました。

iPhone水没修理

■iPhone水没リスクの高いスポットランキングベスト5
第1位:トイレ
第2位:お風呂
第3位:洗濯機
第4位:水筒の中身がバックの中でこぼれた
第5位:海、プール(時期により変動)

第1位はトイレです!!
トイレでの水没が圧倒的に多いです。
ポケットから出し入れする瞬間が多いようですね。

第2位はお風呂です!!
意外に多いのがお風呂!特に若い方に多いです。
「お風呂でゲームをしていたら、途中で眠ってしまって気づいたときには水没してました!」
そんなことあるの?と思うかもしれませんが、お風呂での水没割合は大変高いです。
お風呂でiPhoneを見るときはジップロックのようなものにいれて下さいね。
もしくは、持ち込まないようにしましょう。

第3位は洗濯機!!
当店での復旧率は80%以上ありますが、
洗濯機に入れてからどのタイミングで取り出したかによって復旧率が異なります。
洗剤による洗濯中に取り出すことが一番復旧率が低いです。理由は水分だけであれば、
基盤やバッテリーに与える影響が少ないですが、洗剤がサビや腐食の発生の元となってしまいます。
そのため、洗濯中にiPhoneが洗濯されていることに気付いた場合は脱水が完了するまで待つようにしましょう。
その方が復旧率が高いです。

どのような水没の種類でも、早急な対応が一番です。
海水等の塩分であれば1週間もたってしまうと腐食は激しく発生してしまいますが、
1日程度であれば水分を含んだ状態で基盤への損傷等は少ないです。
まずは、修理店まで連絡することをオススメ致します。

今後もニーズの高いサービスや安心安全の修理を引き続き提供することで、
利用者の満足度向上に努めて参ります。