iPad、iPhone修理 水没・画面割れ・液晶交換、iPhone買取を八王子や郵送で対応。バッテリー交換、ガラス割れ、液晶交換、水没修理

iPhone水没修理|適切な水没対処と修理で復旧

  • HOME »
  • iPhone水没修理|適切な水没対処と修理で復旧

iPhoneが水没した時の対策をまとめております。

水没してしまったiPhoneは治るのか。治るかどうかは対処次第!!対処方法について漫画で分かりやすくまとめております。対処を間違えると場合によっては二度とデータが戻ってきません。

iPhone水没修理

iPhone水没修理

iPhone水没修理

iPhone水没修理

iPhone水没修理の部品と修理時間

iPhone水没修理にかかる時間は1時間から2時間程度で修理が完了致します。水没してすぐに修理に出した場合は、内部のクリーニング、乾燥で正常に元通りになる場合が多いです。水没修理の場合は早急に持ち込む事をオススメ致します。たとえ水没したあとiPhoneが立ち上がって使えたとしても、内部のクリーニングと内部の腐食を防ぐための処置をする事をオススメ致します。大切なデータをなくさないためにもすぐにiPhone修理八王子店にご来店ください!

iPhoneが水没してしまった時の症状

電源がはいらない

水没したあと全く電源が入らない場合があります。この状態の時に考えられるダメージとしてバッテリーの故障、ドックコネクタフレックスケーブルの故障、基板の故障です。
基板が故障してしまったら普通のiPhone修理店では修理することができません。バッテリーの故障及びドックコネクタの故障等、故障したパーツを取り替えればiPhoneは復活する可能性は大いにあります。

電源は入るが画面が映らない

水没後に液晶画面の中に水跡が残ってしまう場合があります。この場合は液晶パネルを交換する事で解決できます。

液晶の中に水跡が残ってしまった。

iPhoneの場合は液晶パネル交換で直ります。iPad,iPad miniのガラス割れ修理はiPhoneと違ってガラス部分(デジタイザー)部分のみ交換になります。iPod touchの2世代、第3世代も同じようにガラス部分だけの交換ができます。iPod touch4/5はiPhoneと同じようにガラスと液晶が一体になっていますので交換のときは液晶パーツも交換になります。修理時間は1時間から2時間です。

iPhone水没修理の簡単なご説明

基板が大丈夫であればデータ復旧の可能性が高いです。まず基板が大丈夫かどうかを調べます。iTunesに接続してiTunesが認識するかどうかで判断します。ここで認識すればまず基板は大丈夫です。データもほぼ取り出しができると考えて良いでしょう。iTunesが万が一認識しない場合は、基板が破損してしまっているか、他のパーツに不具合があり立ち上がらない場合があります。ここで有効な検査方法として、基板自体を正常に動作するiPhoneの端末に移し替えてみます。基板自体が大丈夫であれば、正常な機器に移し替えてあげれば正常に立ち上がります。。ここで正常に立ち上がった場合は故障の原因が基盤以外であることがわかります。あとは何が悪いのかを消去法で消していきます!大切なデータを復旧したい場合はあきらめずにiPhone修理八王子までお持ちください。

iPhone水没において重要な事は、水没してしまったら一刻も早く対処する事が重要です。電源は速やかに落として、内部のクリーニング・乾燥をすることが一番復活につながる第一歩です。
水没した後しばらくしたら電源が入ったのでそのまま使っていたら、電源が落ちてそのまま使えなくなってしまった!なんて事がよくあります。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

iPhone水没後にやってはいけない5つのポイント

1.iPhoneを振る

水気を取ろうとしてiPhoneを振ると復旧率が大幅に下がります。実は振ってもiPhoneの中の水はほとんどでてこないのです。むしろiPhone内部全体に水分をいきわたらせる事になりかねないので絶対に振らないでください。

2.電源を入れる

水没してしまったらまず、iPhoneの電源が入るかどうか確認してしまうと思います。絶対にやってはダメです!水没した状態で電源を入れるとiPhoneの回路がショートしてしまう可能性があります。

3.ドライヤーで乾燥

ドライヤーの熱風でiPhoneの内部基板が損傷してしまいます。急速に水分を飛ばす事により内部のサビや腐食を早めてしまいます。

4.電子レンジで乾燥

最近急速に広まった水没の対処法なのですが、もちろんしてはだめです。内部がコゲだらけになり修理不能になります。

5.電源アダプタやPCにつなぎ充電する。

電源を入れる事と同じ事になるのですが、iPhoneに電源を供給する事によりiPhoneの回路がショートしてしまいます。

iPhone水没・浸水は時間との戦い

水没・浸水は時間との戦いになりますのでなるべく早めに対処することが大切!ですから、水没させてしまったiphoneはできるだけはやくお持ちください!!濡れたままでも大丈夫です。
洗面台・トイレ・お風呂場に落としてしまった、また上着と一緒に洗濯機で洗ってしまった、、、など、絶望的に思えたものも一度お持ちください!iPhone自体に防水機能は備わっていませんから、そのままの状態を放置しておくと確実に故障してしまいます。

どうしてもすぐに来られない場合には応急処置も必要かと思います。
まずは強制的にでも電源を切ることが腐食の進行やショットを止める方法です。
大丈夫かなと思い電源を入れるのは危険な行為です。

さらに、電源が入らないからといってUSBケーブルを接続したりするのも、その瞬間ショートする可能性があるので危険です。

また、特に不具合が見つからなかった場合でも、専門の機材で内部まで乾燥し、水気や湿気をとります。この点、乾燥させればいいのだとドライヤーなどを使う方がいますが、これもiPhoneにとってはNGであり、ドライヤーの熱で変形したりトラブルが生じる原因になります。内部乾燥は素人にはできないことですから、専門業者にお任せするのがおすすめです。

ともかくデータだけでもとバックアップをしようとパソコンに接続したら電流が流れ認識もできなくなる、、という事態にもなりかねません。むやみに自己判断で行動はしないようにしましょう。いつでも即日対応にて承っておりますので、すぐにでも修理をさせていただきます!!

iPhone水没時の内部クリーニングの重要性

iPhoneを水没させてしまったら絶対に壊れてしまう、と思っている方がほとんどではないでしょうか。
しかしiPhoneというのは水没後にわざわざ電源を入れたりしないかぎりは、ほぼ8割以上の確率で復旧させる事が専門修理業者では可能だったりします。
時々自分で分解して中の水気を全て出せば大丈夫なのでは、と仰っておられる方も見かけますが、表面上の水気は取り除けたとしても基盤を腐食させてしまう成分や微生物までは取り除けませんので、結局あとから錆びてきて使い物にならなくなってしまうリスクが十分あります。

ところが専門の修理業者であれば表面上の水気だけでなく、そういった目には見えない物まで完全にクリーニングしてもらえますから、水に落とす前と同様に安心して長期間使い続けられます。
ただiPhoneの水没修理は時間との戦いといった側面がありますので、業者に持ち込めば大丈夫だからと後回しにせずに、落としたら出来るだけ早く持ち込むのが肝要です。

iPhone水没修理を郵送で依頼したい場合

iPhoneを常に持ち歩いている人も多いと思いますが、どんなに注意して使っていても思わぬトラブルにあってしまう時もあります。トイレや海などのレジャーで、水の中に落としてしまったという経験がある人は少なくありません。水没してしまうとスマホのデータなどが消えてしまうこともあります。お店に行く時間がない・近くにお店がないという方はiPhone修理八王子店まで郵送で送って頂ければ修理することが可能です。素人では消えてしまったデータを復元するのは限りなく難しいので、まずは水没の程度がどのぐらいなのか、直すことが出来るのかを判断するためにも一度お送り頂ければスムーズに対応致します。iPhone郵送までの流れについて知りたい方はフォームからお問いあわせ頂くかお電話下さい。

水没したiPhoneの修理の理由はデータ復旧

iPhoneを水没させた場合、本体自体を使い続けたいということより、内部のデータが気になると言う方が多いです。水没させてしまった以上、本体は新しい物に替えたいという気持ちがあっても、大切なデータのバックアップを取っていないとなると、どうにか救出できないかと焦るわけです。無事に電源が入り、何も異常がないならいいのですが、水に弱いiPhoneは水分との接触でショートを起こし、基盤が損壊したり、データが消えることも少なくありません。もっとも、水没後にどうにかデータのバックアップを取ろうと思っても、うっかり電源を入れてしまうとショートを起こして全てのデータが失われることもあります。自分でどうにかしようとせず、修理業者に相談するのがおすすめです。当店はデータ復旧に自信を持っており、その復旧割合は8割から9割という高い確率を誇っています。この点、正規のアップルストアやキャリアのサービスでは、データのバックアップを取っておくことは自己責任とされて、機種の交換や変更には応じてくれても、データの保証はしてくれません。そのため、データを救出したい場合にはお気軽にご連絡下さいませ。

注意すべきiPhone水没スポット

iPhoneを水没させやすい場所は身近な場所に隠れています。iPhone修理八王子店での故障割合データを見ると、水没されてお持ちするお客様が大変多いです。どこで水没することが多いのか?水没スポットランキングトップ5をまとめました。

iPhone水没修理

■iPhone水没リスクの高いスポットランキングベスト5
第1位:トイレ
第2位:お風呂
第3位:洗濯機
第4位:水筒の中身がバックの中でこぼれた
第5位:海、プール(時期により変動)

第1位はトイレです!!
トイレでの水没が圧倒的に多いです。ポケットから出し入れする瞬間が多いようですね。

第2位はお風呂です!!
意外に多いのがお風呂!特に若い方に多いです。「お風呂でゲームをしていたら、途中で眠ってしまって気づいたときには水没してました!」そんなことあるの?と思うかもしれませんが、お風呂での水没割合は大変高いです。お風呂でiPhoneを見るときはジップロックのようなものにいれて下さいね。もしくは、持ち込まないようにしましょう。

第3位は洗濯機!!
当店での復旧率は80%以上ありますが、洗濯機に入れてからどのタイミングで取り出したかによって復旧率が異なります。洗剤による洗濯中に取り出すことが一番復旧率が低いです。理由は水分だけであれば、基板やバッテリーに与える影響が少ないですが、洗剤がサビや腐食の発生の元となってしまいます。そのため、洗濯中にiPhoneが洗濯されていることに気付いた場合は脱水が完了するまで待つようにしましょう。その方が復旧率が高いです。

どのような水没の種類でも、早急な対応が一番です。海水等の塩分であれば1週間もたってしまうと腐食は激しく発生してしまいますが、1日程度であれば水分を含んだ状態で基盤への損傷等は少ないです。まずは、修理店まで連絡することをオススメ致します。今後もニーズの高いサービスや安心安全の修理を引き続き提供することで、お客様の満足度向上に努めて参ります。

<

blockquote>

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-925-066 八王子店:営業時間11:00-20:00

PAGETOP
Copyright © iPhone修理八王子店 All Rights Reserved.