■スマホに欠かせないSIMカード

SIMカード(シムカード)とは携帯電話やスマートフォンに挿入されている個々の電話番号を特定するためのICカードになります。
国内では携帯電話の2G方式の頃から一部の電話で使われ始めたもので、携帯やスマホを購入する際に店舗スタッフにより端末に取り付けられ、それ以降にご自身でカードを触ることはあまりありません。
iPhoneの場合は4以降で端末を正面にして右側面にカードを差し込むSIMトレイが存在しており、SIM取り出しツールと呼ばれる特殊な形状の工具を用いて出し入れすることが可能になります。

■カードを挿入してもiPhoneが使えないケース

端末を使う中では時に画面に見慣れない表示が映し出されることもあるのですが、SIMに関してトラブルが生じた場合には、不正なSIMです、カードが挿入されていません、などと警告が表示されて端末自体が使えなくなる場合があります。
こうしたケースではカードになんらかの異常が生じていたり、または端末本体側で問題が生じている場合もありますので、双方共に確認を行う必要があります。
とくに昨今ではSIMフリーと呼ばれるカードの種類を選ばずに使うことができる端末などもありますので、仕組みをよく理解しない中で使った場合に問題が生じることも往々にしてあります。

■使えない場合の対処法

ではSIMカードを挿入していてもiPhoneが使えない場合にはどのような対処法を行えば良いのでしょうか、まず始めに行うべきはiOSの最新バージョンにアップデートすることで、作業が完了したら機内モードを一度オンに切り替えてから再びオフに戻し、電源を切り再起動してみましょう。
続いて行うのはキャリア設定のアップデートの有無についての確認で、設定→一般→情報に移動してアップデートを行います。
またカードを一度取り出してみることで接触不良が解消されることもありますし、またカードが有効なSIMであるかについても確認しておきましょう。