iPhoneがリンゴマークがでたまま起動しなくなってしまった場合

iPhoneがリンゴマークがでたまま起動しなくなってしまった場合は「リセット」、「リカバリーモードにして復元」の2つを試してみましょう。リンゴマークがループしてしまう状況には様々な原因があると言われていますが、まだ明確な解決方法はまだ用意されていません。いわゆる「脱獄」をしてiPhone向け以外のアプリをインストールしていない方でも、この症状が派生する可能性があります。ご紹介した方法で復旧できたという報告も寄せられているので、リンゴマークが出た状態で動かなくなってしまったら試してみてください。

◯まずはホームボタン+スリープボタンの長押しでリセット

iPhoneのトラブルは「リセット」で解決することが多々あるので、まずはホームボタン+スリープボタンを長押ししてください。電源を一度OFFにして立ち上げ直すことになります。これで解決できなかった場合は次のリカバリーモード起動を試しましょう。

◯リカバリーモードで起動し、復元をしよう

上記のリセットで問題を解決できなかった場合は、電源をOFFにしてホームボタンを押しながらPCとiPhoneを接続しましょう。iPhoneのモニターがアイチューンズへの接続画面に切り替わります。その後はアイチューンズ上で復元をおしましょう。中のデータが消去されてしまい、工場出荷時の状態に戻ってしまいますが復元ができた報告が寄せられています。以下にリカバリーモードで復元せざるえなかった時にそなえて普段からできる注意事項を説明します。

◯工場出荷時の状態に戻っても困らないように常にバックアップをとろう

何時、iPhoneを工場出荷時の状態に戻しても困らないように常にバックアップを作成しておきましょう。アイチューンズ、もしくはアイクラウドで常にバックアップを作成するように設定しておけば良いでしょう。バックアップはリンゴマークがずっと出たままになる症状が表れた時以外にも、本体が物理的に故障してしまった時や新しいiPhoneに乗り換えた時に設定を維持することにも役立ちます。

◯アイチューンズのバージョンは常に最新にしましょう

問題なくiPhoneを復元するためにはアイチューンズのバージョンを常に最新にしておきましょう。バージョンが古いために復元できなかったけど、最新バージョンに変更したら上手くいったという報告もよせられています。

◯自身で対応不可能な場合はiPhone修理の専門家に任せよう

ご自身で対応が難しい場合はiPhone修理の専門家に依頼すると良いでしょう。数々の症状を対応してきたプロなので適切なアドバイス・処置を施してくれます。