アップルロゴで停止

iPhoneは非常に便利なアイテムですが精密機械であるため、トラブルが発生することも少なくありません。
たとえば、OSが起動せずにアップルロゴのまま停止してしまうことがあります。
iPhone基盤修理しなくてはいけないと不安がる人も少なくありませんが、その心配をする必要はありません。
その場合は、リカバリーモードにしてバックアップからiPhoneデータ復元をすれば解決することが多いです。
しかし、それにはデータがすべて消去してしまうリスクもあります。

なるべく同期するべき

そのため、アップルロゴで停止してしまうことを想定して、なるべくiTunesを使ってパソコンに同期しておくのが理想的です。
そうしておけば、たとえリストアしてデータが消去されたとしても、すぐにiPhoneデータ復旧することが可能となります。
アップルロゴで停止するだけでなく物理的に壊れることも少なくないため、なるべくデータは同期しておくに越したことはありません。