大事なiPhoneが水没しちゃった!
かなーり焦りますよね…
水没しちゃうと画面がつかなくなったり、電源が入らなくなったりしちゃいます!最悪の場合iPhoneのデータも…。

実は水没したiPhoneで絶対やってはだめな事が5つございます。

1.iPhoneを振る

水気を取ろうとしてiPhoneを振ると復旧率が大幅に下がります。
実は振ってもiPhoneの中の水はほとんどでてこないのです。
むしろiPhone内部全体に水分をいきわたらせる事になりかねないので絶対に振らないでください。

2.電源を入れる

水没してしまったらまず、iPhoneの電源が入るかどうか確認してしまうと思います。
絶対にやってはダメです!水没した状態で電源を入れるとiPhoneの回路がショートしてしまう可能性があります。よってiPhoneだめになっちゃったり…。

3.ドライヤーで乾燥

ドライヤーの熱風でiPhoneの内部基盤が損傷してしまいます。
冷風ならいいのでは?と思いがちですが冷風もダメです。急速に水分を飛ばす事により内部のサビや腐食を早めてしまいます。

4.電子レンジで乾燥

最近急速に広まった水没の対処法なのですが、もちろんしてはだめです。
内部がコゲだらけになり修理不能になります。

5.電源アダプタやPCにつなぎ充電する。

電源を入れる事と同じ事になるのですが、iPhoneに電源を供給する事によりiPhoneの回路がショートしてしまいます。

おわりに…

じゃあどうすればいいの!?

最低限の3つの事を実行してください。

まずはiPhoneの横にあるSIMトレーとSIMカードを抜き出しましょう。
次に乾いた布でiPhoneをやさしく包み込み、水気を取ります。
ジップロックなどの密閉できる袋に乾燥剤をいれ、iPhoneと一緒に密閉します。

最後に水没修理の出来る修理店に持って行きましょう!