iPhone修理の前に画面が操作できなくなった場合の対処法について

iPhone修理の前に自分でできる対処法

iPhoneを操作中に、急に画面が操作できなくなってしまうことがあります。
iPhone修理に出す前に、自分で出来る対処方法について、いくつかケース別でご紹介いたします。

アプリの強制終了

アプリを使っているときに、画面が操作できなくなった場合には、まずはアプリを強制終了させましょう。
まず、メモリをたくさん使っているときに、フリーズしてしまうことがあります。
特に、他の機能を使いながらアプリを使っていた時や、いくつものアプリを開いたまま使用していると、フリーズしてしまうこともあります。
そんなときは、ホームボタンを押してアプリの強制終了を行います。
強制終了したら、アプリを再度立ち上げ、動作確認をします。

iPhoneを再起動

iPhoneの本体が画面を押しても動かなくなってしまった時には、iPhoneを再起動させましょう。
出来な場合には、ホームボタンとスリープボタンを同時に長押をしてリセットさせましょう。
画面に電源が入らない場合は、充電を行います。

スリープモードになっている場合

スリープモードになっている可能性もあるので、ホームボタンを押して電源が入るかどうかを確認しておきましょう。
スリープモードが解除されているかどうかも確認しておきましょう。

最終手段のiPhone修理屋

これらの方法を試してみて、画面が操作出来ない場合には、本体が異常である可能性も考えられますのでiPhone修理を行う専門店で見てもらいましょう。
iPhone修理で多いのが、本体の故障やタッチパネルの故障などがあります。
本体の故障は、原因を調べるのに時間がかかりますが、タッチパネルの故障であれば、フロントガラスパネルを交換するだけで、店頭ですぐに直すこともできます。
原因は、iPhoneを落とした時の衝撃や、水やコーヒーなどの飲物をこぼすことによって接触不良が起こることにあります。
タッチパネル自体が損傷したことによって、画面が操作できなくなってしまいます。
水などの飲物をこぼした時には、時間が経つと、基盤へ浸水していくので故障の範囲がひろがっていきます。
できるだけiPhone修理を専門店で行った方がよいでしょう。