iPhone修理に出さずリセットなどの方法で不具合を解消

iPhone修理の判別

iPhoneを使用していると、起こる不具合は必ずiPhone修理に出さなければ直らないというものでもありません。
個人レベルで対処できるケースもありますので、今回は修理に出さなくても不具合を解消できるケースと方法についてご紹介します。

iPhone不具合の症状

不具合の症状として、電池の減りが早い、アプリの動きが遅い、もしくは急に終了してしまう、ウェブページの読み込みが遅い、もしくは途中で中断する、電話・メールが使えない、圏外の表示が出る、こういった場合はまず、マルチタスクの削除か、再起動、USIMカードの挿し直しを実践してみましょう。
マルチタスク削除は、ホームボタンを2回連続して、左右にスワイプし、表示されているアプリを上にスワイプすることで終了可能です。

iPhone再起動

再起動はスリープボタンの長押し後、スライドで電源オフを左から右へ動かして、電源を切った後、再度スリープボタンを押すと再起動できます。

iPhoneシムカードの抜き方

USIMカードの挿し直しは、電源をいったん切ってから、本体の右側面にある穴に、本体に同梱されたSIM取り出しツールを差し込んで、SIMカードトレイを引き出します。
SIMカードを一度取り外してから、またトレイにすぐ戻し、本体へサイドSIMカードトレイを差し込みます。

iPhone強制リセット

これらの方法を使っても、不具合が改善しない場合は、iPhoneの強制リセットが有効です。
マルチタスクの削除や再起動、USIMカードの挿入し直しを試みてもどうしても無理だった場合のみ試すようにして下さい。
まず、スリープボタンとホームボタンを一緒に長押しし、Appleマークが画面に表示されたら手を離します。
そうすると自動的に再起動がかかることで、通常通りにiPhoneを使用することができるようになります。
ちなみに強制リセットを実施する際、iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続している場合は、必ずUSBケーブルを外してからリセットを行うようにしましょう。
場合によってはデータが消失する恐れがあるためです。
気を付けて下さい。