動かなくなった時には初期化復元する方法がありますダメならアイフォン修理

アイフォンの初期化復元方法

アイフォンを使っていて、動作が止まってしまったり、タッチパネルに触れても画面が変わらなくなってしまうことがあります。
そこで、本当に故障してしまったのかどうかを確かめるために、アイフォンを初期化復元する方法があります。
この方法を試してみてダメだった場合には、アイフォン修理を専門に行っている業者に持ち込みましょう。
まず、アイフォンの初期化、復元をする前に、充電器で充電をしっかり行っておきましょう。
本体に電池があまり残っていない状態で初期化すると、再起動したときに動かない場合があるので注意しましょう。
本体が動くのであれば、バックアップを取っておきましょう。
パソコンの中にデーターを入れたり、外部にデーターを残すこともできます。
手順は、iTunesにアイフォンを接続しておきます。
アイフォンをUSケーブルでパソコンにつなぎます。
iTunesの復元ボタンを押すと復元することができます。
アイフォンがTunesにつないでも認識されないときには、iTunesを終了させ、アイフォンのホームボタンとスリープボタンを同時に長押しします。
電源が切れるので、ホームボタンは押した状態でスリープボタンのみを離します。
ホームボタンを押した状態で、USBをつないだ状態で、iTunesを起動させ、アイフォンが認識されたら、iPhoneを見つけましたのメッセージ画面が表示されます。
この状態でOKボタンを押しましょう。
この作業で初期化することができます。
この方法で、復元や初期化が出来なかった場合は、故障している可能性が考えられますので、アイフォン修理専門店に依頼しましょう。
復元したり初期化をするメリットは、この作業をすることで、アイフォンの不調や不具合を直すことができることです。
工場からの出荷状態に戻っているので、復元、初期化した後は、バックアップをして取っておいた大切なデーターをiTunesで移行させていきましょう。