スペックの違いでも起こるiPhone6修理のニーズ

ワイド化や薄型化とiPhone修理

iPhone 4までは3.5インチだったのが、iPhone 5になると4インチへ、iPhone 6は4.7インチ、iPhone Plusは5.5インチへとワイド化しています。
画面が大きくなることで操作性が増したり、動画を見やすくなったり、ゲームなども迫力ある映像のもと一層楽しめるようになっています。
iPhoneユーザーはアプリを巧みに駆使する方も多いですが、画面に並べられるアプリのアイコン数も増え、使い勝手は増しています。
一方で、携帯端末の大型化は持ち運びや持ちやすさの面では必ずしもメリットではありません。
女性など手が小さい方は持ちづらくて、うっかり落としたとか、従前のiPhoneと同じ感覚でテーブルの端に置いたら安定感を失って落下したという事例が報告されています。
また、画面が大きく薄型化すると圧力を受けやすくなってしまい、カバンの中に入れておいただけで画面が割れていたというケースも増えているのです。
iPhoneでは強化ガラスが使われているとはいえ、割れやすいのは歴代モデルでも有名な事象ですが、特に画面が大型化したモデルほどいっそう割れやすくなっています。
内部の性能などのスペックは向上しても、物理的な割れによるiPhone修理のニーズは減っているどころか増えています。

処理速度がどんどん進化

処理速度を決めるCPUについてはiPhone 3/GSは別メーカーのものを搭載していましたが、iPhone 4ではA4が登場、iPhone 4SでA5になり、iPhone 5やcではA6、iPhone 5SではA7が搭載されました。
1つ新しくなるごとに処理速度は約2倍近くアップするとされており、iPhone 6とiPhone Plusに至っては、iPhone 5Sより格段に処理スピードが速いA8が搭載されています。

バッテリー駆動時間も飛躍的に向上

バッテリー駆動時間についてはiPhone 3/GSが3G通信で最大5時間限度、iPhone 4が6時間、iPhone 5/s/c/Sが8時間へとアップしましたが、iPhone 6は10時間、 iPhone Plusは12時間とiPhone 3/GSの倍以上に伸びています。
音楽再生時間で見るとiPhone 3/GSが24時間から30時間ほどだったのに対して、iPhone 5/s/c/Sでは40時間、iPhone 6は50時間と十町に伸びてきており、 iPhone Plusは至ってはなんと最大80時間も再生可能です。
バッテリーの質はあきらかに向上しています。
ただし、バッテリーが水没に弱いのは相変わらずですので、水濡れや水没はもとより、湿気や落下の衝撃でもiPhone修理によるバッテリー交換が必要になる場合があります。