iPhone6修理は専門店に任せると安心です

iPhone6 の画面が割れたら応急処置をしましょう

これまでのシリーズと比べ、iPhone6の画面はとても割れやすいです。
もともと画面がガラス素材でできていることに加え、全体的に丸みを帯びた形になっていますので、ちょっとした拍子に手から滑り落としやすくなるリスクが高くなっています。
もし画面が割れてしまったら、すぐに応急処置をしましょう。
応急処置をするときのポイントは、割れたガラスの破片でけがをしないようにすることです。
破片が指に刺さってしまいますとけがをしてしまいますので、落とした端末を拾う時は破片がこぼれ落ちないように静かに拾い上げましょう。
早く拾おうとしますとガラスの破片がこぼれ落ちる危険性もあります。
画面保護フィルムを貼っていたとしてもフィルムの隙間から尖ったガラスのかけらがこぼれ落ちる場合もありますので油断は禁物です。

データのバックアップと保証加入の確認を忘れずに

端末を拾い上げましたら、ガラスのかけらがこぼれ落ちないように透明なテープで固定する応急処置を行いましょう。
画面保護フィルムを貼ってある場合、フィルムの隙間を埋めるようにテープを貼れば画面操作ができるようになります。
端末とパソコンをつなぐことができればデータのバックアップが取れます。
パソコンではなくクラウドにデータのバックアップを採る方法もありますが、この方法ではデータ復元の速度が通信速度に依存してしまうため、通信状態が悪いとデータの復元に時間を要する場合があります。
しかし、画面の割れ方がひどい場合はデータのバックアップすら不可能になることもあります。
データのバックアップが終わったら端末のメーカーの保証の有無もチェックします。
保証の有無は設定画面で表示される端末のシリアル番号をメモし、メーカーのサイトにアクセスすることで確認できます。

iPhone6 の修理の選択肢は複数あります

応急処置とメーカー保証の有無の確認が終わりましたら、iPhone6の修理の方法を選択することになります。
iPhone6の修理方法には自分で修理する、メーカー、またはメーカー直営の店舗に端末を送るか持ち込んで直接修理してもらう、iPhone修理の専門店で修理してもらう、という3種類の方法があります。
どの方法を選択するのがベストかは、メーカー保証の有無で変化します。
メーカーの保証がありますと専門店に依頼する時と大差のない代金で画面の修理をしてもらうことができますが、保証がない場合は修理の代金が大幅に高くなってしまいます。
iPhoneを修理するための部品は通販で購入できるため、自分で修理をすることも不可能ではありません。
しかし自分で修理を行うことには失敗のリスクも伴います。
メーカーの保証がなく、自分で修理をする自信がない時は、修理の内容に保証がついているiPhone修理の専門店に修理を任せるとよいでしょう。