iPhone6修理に不可欠な分解による構造把握について

iPhone修理店は分解して機器の構造を把握する

iPhone修理を請け負うためにはまず、そのiPhoneの構造を正しく把握しておかなくてはなりません。
そのため、iPhone修理店では、新しいシリーズのiPhoneが発売されると、いち早くそのシリーズのiPhoneを入手して、分解作業を行おうとします。
iPhone6が発売された際も例外ではありません。
多くの修理店が分解を行い、その模様をレポートしていました。

フロントパネルを取り外すまで

iPhone6の分解は、簡単に説明すると、フロントパネルを開き、基板やバッテリーを取り外し、残りのボタンやコネクタ等を取り外す、という流れで行われます。
もちろん、各部品はネジや部品で固定されていますので、適宜それらを外していく作業も必要です。
例えば、フロントパネルを開くには、機器本体の下部にあるLightningコネクタの両脇にある星形のネジを、専用のドライバーを使って外す必要があります。
そして、吸盤を使ってフロントパネルを持ち上げることで、機器の内部が見える状態になるのです。
ここまでの作業は、過去のシリーズのiPhoneを分解する際と同じです。
ただ、作業を行う際の心境には大きな変化がありました。
iPhone6では、フロントパネルがごく薄くなっているため、割れてしまわないかとヒヤヒヤさせられるのです。
一方、指紋認証ケーブルの位置が上へと移動されたことで、フロントパネルを開く際の断線に関しては過度に心配しなくて良くなっています。
内部の状況が見える状態になった後は、パネルを保護しているプレートとネジ5つ、基板と接続された4種のケーブルを外すことで、フロントパネルと機器本体部分とを完全に分離させることが可能になるのです。

内部の部品を取り外す

フロントパネルと機器本体部分が分離できたら、いよいよ内部の部品を取り外していくことになります。
まず、基板を固定しているネジとプレート・保護カバーを1つ1つ丁寧に外していきます。
iPhone6はネジが多い構造をしているので、どのネジがどこに付いていたのかを失念しないように作業を進めることが大切です。
そうして、基板を固定する物を全て取り除いたら基板を取り外し、次にバッテリーを外します。
バッテリーは元々付いている帯状のテープを引っ張るか、ヘラを使うことで外すことが可能です。
ちなみに、ここでは基板を先に外しましたが、バッテリーは基板を外す前に外すことも可能なので、自身がやりやすい順序で作業すると良いでしょう。
ここまで作業を進めたら、後は、音量ボタン・マナーボタン・電源ボタンを外し、最後にLightningコネクタを外すだけです。
ボタン類・コネクタ共に、固定しているネジや部品を外して、本体から剥がすように取り外すことになります。
取り外せたら、iPhone6の分解作業は終了となり、無事、構造把握も完了です。