濡れて電源が入らない時のiPhone水没修理

iPhone水没で起こる症状

iPhoneが水没してしまうと、いくつかの症状が出て来ます。
その一つが電源が入らないと言う物です。
普段であれば電源を入れる事が出来るはずなのに、何も反応しなくて焦ってしまう事も少なくありません。
また水没した瞬間に電源が落ちてしまう事もあります。
こういう場合はそのまま使い続ける事は出来ず、iPhone水没修理が必要です。
直営店に持ち込んだり、他の修理業者に依頼して修理をする事になります。
依頼する場所によって修理に要する時間が大きく違い、費用も変わって来ます。

電源が入らないからと言って無理な事をしない

iPhone水没の為に電源が入らなくなってしまう事は珍しい事ではありません。
ただそのまま放置しておいたとしても、その状態が改善される訳ではありません。
まずは水没したら自分でできる処置をする事が重要です。
一つは水分をしっかりと取り除く事です。
表面をタオル等できれいにふき取ったら、次はカバーを外します。
内部の濡れが見えなくなったら、次はSIMカードを外して水分を取り除きます。
水分自体はタオル等でもふき取る事はできますが、細かな部分はタオルではふき取りにくいので注意が必要です。
イヤホンジャック等細かな所は、ティッシュをこよりにして水分を吸収させます。
出来るだけ本体に水分が無い状態にする必要がありますが、振ったりタオルに叩きつけたりして水分を取ろうとしてはいけません。
また電源が入らないからと言って何度もチャレンジすると、中でショートしてしまう事もあります。

電源が入らない時はそのままにしておくべき

もしかしたら内部が乾燥したら電源が入るかもしれません。
ただ乾く前に電源を入れてしまうとショートする可能性が高くなるので、できるだけ1日以上乾燥させる為に放置する必要があります。
また不安な場合は無理に自分で何とかしようとせず、電源を入れずに修理に出します。
内部データに関しては、できればバックアップを取っておく方が良いのですが、無理な時はそのままにしておきます。
なるべく早くiPhone修理に出す事によって、トラブルを大きくしないで済むので、出来るだけ早く業者に持って行く事が重要です。
また内部データに関しては、業者によって対応が違って来ます。
事前にどういう扱いになるのかと言いう事を調べておくと良く分かります。
ただロジックボードが破損してしまっていると、修理ほぼ不可能です。
水没してしまった時は必ずiPhone修理が出来るとは限らないので、水没した時は自己判断で何とかしようとせずに業者に早い段階で診てもらいます。