大切なデータを守りたいなら、iPhone水没修理に依頼

もし、iPhoneを水没させてしまったら

iPhoneに纏わるトラブルの中でも、最も多いものに水没があります。
生活になくてはならない存在となったiPhoneは、その分、私達の身の回りにある水分に触れる可能性も大きいのです。
手を洗っている時にポケットから滑り落ちたり、飲み物をiPhoneの上にこぼしてしまったり、突然のゲリラ豪雨に塗れることもあるかもしれません。
iPhoneには防水機能は付いていないため、濡らしてしまうと慌ててしまいます。
しかし、ここでパニックになり、間違った対処法をしてしまうと、反って事態を悪化させてしまいかねません。
いざという時に落ち着いて措置できるように、正しい対処法を頭に入れておきましょう。
最初の対応が良ければ、水没させてしまったiPhoneも復活させられる可能性が大きくなるのです。

乾燥させることが最重要課題

まずは、水分をよく拭き取りましょう。
吸水性の高いタオルなどを用いて、表面の水分を充分に拭き取ります。
ドッグコネクター部分やイヤホンジャックの水分は、こより状にしたティッシュや綿棒などに吸い取らせて下さい。
次に、電源をオフにし、乾燥させるステップに進みます。
ドライヤーを利用するのも良い方法ですが、熱くなりすぎないように注意しましょう。
早く乾かそうと、至近距離から熱風を当てるのはNGです。
また、海苔やお菓子などの袋に入っている乾燥剤を集めて、iPhoneと一緒にビニール袋に入れておくという乾燥テクニックもあります。
屋外などで道具らしいものが何もない場合なら、ティッシュペーパーに包んでおくだけでも乾燥は進むでしょう。
ただし、本体を振って水分を飛ばそうとするのはやめましょう。
振ることで、水分が及んでいなかった箇所まで濡れてしまう可能性があります。

リスクを軽減したいならプロに依頼しよう

水没したiPhoneが完全に乾くまで、置かれている環境にも左右されますが、3日ほどは触らずに乾燥させることが大切です。
様子を見ようとして、乾燥途中で電源を入れてしまうと、それが原因で故障してしまうこともありますので、3日間は焦らずにiPhoneが内部まで乾燥するのを待ちましょう。
しかし、仕事もプライベートも、iPhoneがなければ始まらない、という方も多いはずです。
3日も待てないなら、水分を拭き取ったのち、速やかにiPhone修理に依頼するのが早道でしょう。
乾燥に数日費やしたからといって、必ず復活するとは限りません。
iPhoneを守りたいのであれば、プロの手を借りる方がリスクはグッと少なくなると言えます。
対処法を知り尽くしたiPhone修理のプロにお任せすれば、大切なデータや写真なども失わずに済むかも知れません。