水没マークが異常を示したら、速やかにiPhone水没修理へ

目安にしたい、水没マーク

iPhoneの愛用者にとって、最も怖いのが水濡れではないでしょうか。
デリケートな基盤がぎっしり詰まっているiPhoneにとって、水分は天敵です。
しかし、私達の生活空間には、水気を含むものがたくさんあります。
iPhoneでレシピを見ながら料理をしていてうっかりシンクに落としてしまったり、湯船に沈めてしまったり、ズボンのポケットに入れていてトイレに落としてしまうこともあるかも知れません。
このように、完全に水没してしまった場合はもちろんですが、飲み物をiPhoneの上に少しだけこぼしてしまった時や、突然の雨に濡れてしまった時など、大丈夫だろうかと不安になることもあるでしょう。
そんな時に目安にしたいのが、水没マークです。
濡らした覚えがなくても、いつの間にか濡らしてしまっている可能性もありますので、チェックしてみて下さい。

3か所を確認しよう

水没マークは、画面に出るわけではありません。
よく見なければ分かりませんが、カバーなどを外さなくとも目視できる箇所に用意されています。
まず、SIMカードの差込口を確認してみましょう。
SIMカードを一旦抜き、差込口の奥を覗きこんでみて下さい。
丸いマークが確認できるでしょうか。
このマークが白ければ、問題ありません。
次に確認したいのが、ドッグコネクタと呼ばれる、充電コードを差し込む箇所です。
そこも、白いマークが見えていれば大丈夫でしょう。
水没はしていません。
最後に、イヤホンジャックの差込口を確認してみます。
奥の方なので、懐中電灯などを用いて照らすと見やすいでしょう。
ここも、マークが白ければOKです。
これらの水没マークが赤くなっていたら、水没している可能性があります。
また、機種によって水没マークの位置は違いますので、3か所ともチェックしてみることが必要です。
ただし、iPhone6以降の機種には、水没マークは確認できないようですので、注意して下さい。

iPhoneの健康管理を

濡らした覚えはなくても、例えば濡れた手で操作をしただけで、水による故障を招く可能性もあります。
水没マークが赤くなったまま使い続けていると、取り返しのつかないトラブルに繋がりかねません。
もし水没マークが異常を知らせていた場合は、速やかにiPhone修理に依頼すると良いでしょう。
ほんの1滴の水分でも、濡れた箇所によっては致命的なダメージとなります。
iPhoneにインプットされている情報の数々を守るためには、水没マークのこまめなチェックが欠かせません。
大切なiPhoneの健康管理は、日常的に行なっておきましょう。
そうすれば、異常が現れた際にも、いち早く対処できるはずです。