iPhone水没修理は速やかにそして冷静な対応をする事で復活する可能性もある

iPhoneを水没させてしまったら

iPhoneは精密機器の一つなので、トイレにあやまって落としてしまえば、故障の原因になる可能性があります。
例えば、iPhoneを水没させてしまったときに、すぐに水の中から取り上げたとします。
このとき、電源が入らなかったり液晶画面に何も映らなければ、故障品としてiPhone修理に出すのが賢明な対策方法と言えます。
ですが、自分で何とかしてみようとする方もいらっしゃいます。
例えばiPhoneを手に持って、振り回して中の水を取り除くという方法があります。
ですが、iPhone修理のプロによると絶対にやってはならない行為のひとつです。
この他にもiPhoneを水没させた場合に、してはならない事はあります。
一つ目は、ドライヤーを利用して乾燥させる事です。
水で濡れているのだから、熱風を送り込んで出来るだけ早く水分を蒸発させれば、元の正常なiPhoneに戻るというのも理論上では理解ができますが、実はこの行為も危険なのです。
二つ目は、乾燥剤を利用して乾かすという方法ですが、これもしてはならない行為なので注意が必要になります。
三つ目は、電子レンジにiPhoneを入れて乾かすという方法です。
そもそも電子レンジはマイクロ波という物を発生させ、iPhone内部の重要な基盤やパーツを破壊してしまう可能性があるので避けましょう。
四つ目は、ドックコネクターに充電器を接続したり、パソコンの端末に接続する事です。
これはiPhone内部に水分が残存している状態で、電気が流れてしまいパーツがショートしまい故障の原因になるので、注意しましょう。
以上が、iPhone修理を自分で行うときの危険行為です。

冷静な対応が必要

iPhoneを水没させたら、直ぐ様電源をOFFにする事が大切です。
ドライヤーなどは一切使わず自然な状態で乾燥させ、電源を入れてみます。
このとき、海水ではなく真水であれば自然と元通りになる可能性が高くなります。
それから、キャリアショップや正規販売店へ持ち込む前に、バックアップをとっておくことも大切です。
キャリアショップに修理を依頼すると、データがすべて消去される可能性もあるからです。

真水以外に水没させたらiPhone修理に依頼しよう

レジャーで海の中に落としてしまった方やジュースやアルコールなどに落としてしまった、またズボンのポケットに入れたまま洗濯機で回してしまった時は自力でどうにか出来るものではないので、速やかにiPhoneの修理のプロに修理を依頼する事が大切です。