iPhone水没修理復旧事例と共に知りたい対処法

バックアップをとっていないと大ピンチ

iPhoneをトイレや浴槽に落としたり、飲み物をこぼすなどして水没や水濡れさせてしまった場合、様々なトラブルが予想されます。
通常、水没した瞬間に電源が落ちますが、大切なデータが入っているからといって取り出そうと電源を入れ直してはいけません。
濡れた本体に電流が流れると、ショートを起こし、一瞬にして大切なデータが消失する虞があるためです。
こうした場合は慌てず騒がず、応急措置を取ったうえ、専門の修理業者にiPhone修理を依頼するのが賢明です。
この点、メーカー保証では水没時は本体交換が基本であり、データを救出できないままの水没機種と新品を交換せざるを得ません。
常にバックアップを取っていれば交換でも問題ありませんが、水没直前に撮影した写真や作成した書類などはまだバックアップが間に合っていないこともあります。
水没は予期せず起こりますから、わずかでもデータの消失を免れたいなら、専門の修理業者で現在の機種の復活を試みてもらうのが望ましいのです。

修理店での水没修理事例

修理店に持ち込んで気になるのは、本当に復活できるのかということです。
水没の状況や持ち込むまでの対応にもよるので、100%ではありませんが、復活事例は多数あります。
たとえば、データの復旧のみを目的にバックアップが行えるよう希望した事例では、全てを分解して腐食の除去、乾燥を行った結果、問題なく起動しバックアップが取れました。
また、同様に乾燥まで行った後、バッテリーを交換したことで起動した事例もあります。
ただし、同様の工程を経ても、基盤が故障している場合には残念ながら復旧はできません。
基盤故障を回避するためにも、修理店に持ち込むまでのご自身での応急措置の方法も大切になります。

水没してしまった時の対処方法

iPhoneが水没した場合に、トラブルを起こしやすい場所としてフロント液晶パネルとバッテリーがあります。
そのため、先の復活事例でもバッテリー交換により、元通りになるケースもあるのです。
もっとも、水没によるダメージはできるだけ小さくしておくことが、100%完全復活への希望に繋がります。
そのために、ご自身での対処方法として、まず、電源は入れず、電源が入ったままの時はオフしてください。
通電するとショートを起こして基盤損傷の虞もあるので、充電器に接続するのもご法度です。
また、水分が基盤などに回ってしまうので、iPhoneを振って水を出そうとするのもいけません。
極端な熱はトラブルの原因となるので、ドライヤーなどで無理に乾燥させるのもやめましょう。
逆に行って欲しいのは、吸水性のよい布で水分を優しく拭き取り、SIMカードを取り出し、乾燥剤を入れた袋に入れて乾燥させることです。