iPhone水没修理が必要な場合に知っておくべき事

もし水没してしまったら

トイレに落とす、大雨で濡れてしまうと言った場合、本体の中まで水が入ってしまって壊れてしまう事が有ります。
水濡れ、水没を目にするとどうしても焦ってしまう事が少なくありませんが、正しい対応をすれば被害を最小限に食い止める事が出来ます。
もし水没してしまったら、まずは表面の水分をしっかりと拭き取り、さらにカバー類を外して水分を拭き取る事が重要です。
この時SIMカードも忘れずに取り外し、濡れている場合は水をふき取っておきます。
この時電源が入っていたら、すぐに電源をオフにする事が重要です。
なるべく丁寧に水分を取り除きます。

見えない所にも水が入っている場合がある

しっかりと表面等をふき取った後は、もうどこも濡れていないように見えるかもしれません。
しかし水は自分たちではなかなか気づかないような所まで入り込んでいる場合があります。
出来るだけ早く水分を吸い取ってしまう事、これが重要です。
表面がきれいになったら、次はイヤホンジャック等の所の水分を取り除きます。
タオル等では難しいので、綿棒やティッシュで作ったこよりを利用します。
細かな部分の水分を取る時は爪楊枝にティッシュを付けたものも便利ですが、力を入れると何らかの影響がある場合も有るので注意が必要です。
こうして細かな所の水分を取り除く事が出来れば、ある程度水分は除去できたと思っても構いません。
後はしっかりと乾燥させます。

水没したら絶対にしてはいけない事

水没するとどうしても壊れていないかどうかが気になって、電源を入れたくなってしまう人もいます。
またとんとんとタオル等に打ち付ければ簡単に水分が外に出て行くのではないかと思う事も有るでしょう。
しかし実際に電源を入れてしまうと、中でショートしてしまってもうその機種が使えなくなる可能性があります。
また水が入り込んでいなかった所まで入り込んでしまう可能性が出てくるので、絶対に衝撃を与えてはいけません。
暖房を利用している時期は、もしかしたら温風ヒーターで乾かしてみようと思うかもしれませんが、それもとても危険です。
熱を加えると回線を焦がしてしまう可能性が出てくるからです。
これはドライヤーでも同様で、温風を当てれば中の水分が蒸発するのではないかと思うかもしれませんが、被害を大きくしてしまうだけなのでやめましょう。
iPhone修理を業者に依頼するまでは、自分なりに出来る応急処置をしておくだけにとどめておく事が重要です。
基本は出来るだけ水分を取り除く事です。
それ以外の事をすると、より状態が悪化してしまう事が有るので出来るだけやめておきます。