リバイバフォンならiPhone水没修理が可能です

iPhoneは水に弱い

誰もがスマートフォンを所有している今、iPhoneユーザーも多いことと思います。
それはまるで小さなパソコンを持ち歩いているのと同じで、
分からないことや知りたいことがあれば、外にいながらすぐに検索出来ますし、
一度持つと手放せないほど、非常に便利なアイテムです。
しかしその反面、実はこのiPhoneには弱点があります。
それはiPhoneに限らずほとんどのスマホに言えることですが、
防水性がさほど高くないという点です。
トイレや水溜まりに落としてしまったり、
うっかりポケットに入れたまま洗濯してしまって、
真っ青になった経験がある方もいるのではないでしょうか。
そこまでいかなくとも、非常に汗っかきな人が長時間通話をしていただけで、
水没と同じ現象を起こしてしまったという体験談さえ存在するので、
iPhoneユーザーにとっては、
何とか水と接触させずに使用するということが大切になってきます。

iPhoneを水没させてしまったら

iPhoneを水没させてしまうと最悪の場合、
大切なデータが全て失われる可能性があります。
そんな悲劇に見舞われないためにも水没させないのが一番ですが、
万一水没させてしまった時には、どうしたら良いのでしょうか。
一般的には携帯ショップやiPhone修理の専門店に持ち込むなどの方法がありますが、
実は最近、自力で水没から救える方法が登場しました。
しかもそれはとても簡単な方法なのです。

リバイバフォンとは

水没させたiPhoneを何とか自力で復旧させたい時、
最後の砦になるであろう凄い物が発売開始されています。
その名もリバイバフォンです。
名前にフォンとつくことから電話を想像する方もいるかもしれませんが、
そうではありません。
リバイバフォンというのは液体です。
イギリスで開発され、2015年4月から日本で販売されるようになりました。
何と水没したiPhoneを復旧させる確率は95%です。
その脅威の成功率ゆえ今までにない頼れる存在で、
まるで魔法の液体だと話題になっています。
使用方法は簡単です。
まずジップ付きの袋を用意し、リバイバフォンを入れます。
その中に水没させてしまったiPhoneを浸して7分間待ちます。
7分後、iPhoneを袋から取り出して24時間乾燥させれば完了です。
たったこれだけの手順で、
水没したiPhoneが復活するなんて夢のような話だと思いませんか。
そもそも水没時に故障の原因となるのは、水に含まれるミネラルの存在ですが、
特殊な液体であるリバイバフォンに浸しておくことで、
このミネラルを除去することが出来るのです。
携帯電話ショップや家電量販店で購入出来ますので、
万一の時に備えて準備されておくのも良いかもしれません。
リバイバフォンはiPhone修理の強い味方です。