iPhone水没修理の正しい方法

もし水没してしまったら

ちょっとしたミスでiPhoneを水没させてしまう事は誰にでもあり得る話です。
水没すると電源が入らなくなってしまったりするので、慌ててしまう人が少なくありません。
しかしその時の対処法によってはより状況が悪化してしまう可能性があるので注意が必要です。
まず最初にしてはいけない事は、振ってしまう事です。
中に入っている水を遠心力で外に出そうとする人もいますが、これによって水がしみ込んでいない所まで入り込んでしまう可能性があります。
まずすべき事は見える部分についている水分を綺麗にふき取ると言う事です。
出来るだけ衝撃を与えないようにして、丁寧にふき取ります。
またこの時はiPhoneの電源を入れてはいけません。
もし電源が入っている場合は、すぐに切ります。
また切れた状態になっているのであれば、電源を入れることをしてはいけません。

しっかりと水分を取り除く

水没させてしまった時に重要な事の一つは、できるだけ水分を取り除くと言う事です。
表面等は吸収力の高いタオル等を利用して、さらに細かな部分はティッシュをこよりのようにして吸い取らせます。
またSIMカードも取り外し、できるだけ水分が残らないようにします。
乾燥剤を利用したり、カメラの保湿庫に入れる、ドライヤーの冷風で乾燥させるのも一つの方法です。
ドライヤーの温風は乾きそうですが、基盤などに影響を与えてしまう事が有るので使ってはいけません。
じっくり衝撃や刺激を与える事無くしっかりと乾燥させる事、これが鉄則です。

そろそろ大丈夫そうかなと思っても

目に見える所の水分は全て取り除いたから、もうそろそろ電源を入れても大丈夫そうかなと思う事はあります。
しかし実際にはまだ水分が残っている場合も有るので、注意が必要です。
出来れば丸一日以上電源を入れる事無く乾燥させておくとベストです。
また、電源が入れば大丈夫だと言ってのままiPhoneを使いたくなるかもしれませんが、それは良くありません。
動いたとしてもやはりまだ中には水分が残っている可能性があります。
水没だけであれば修理が出来た場合でも、内部の基盤等が錆びてしまうと簡単には修理できなくなってしまいます。
iPhone修理自体はそれ程難しい事ではありませんが、基板がダメになってしまうと中のデータもダメになってしまう事が多々ある為注意が必要です。
まだ使える、修理費用が勿体ないと言ってiPhone修理を後回しにしていると、結果的に修理不能となってしまう事も有るので、電源が入ったとしてもなるべく早く修理します。