iPhone水没修理を自力で試す方法

お風呂で使っている方は意外に多いはず

お風呂にiPhoneを持ち込んで、ネットや動画を見たり、ゲームをしたり音楽を聞いているという方が意外に多いはずです。
iPhoneは基本的に防水機能がありませんから、ビニール袋や密閉袋に入れて水が入るのを防いで利用します。
ですが、これに安心してうっかりすると水が入り込んで濡れてしまうアクシデントが起こります。
気付いたら本体が濡れてており、慌ててビニールから取り出すと既にスピーカーやマイクの穴から水が入り込んでいるといった悲惨な状態を引き起こすのです。
慌てたときにやってしまうのが、iPhoneを振って水抜きすることです。
実は振って水抜きするのはNGで、内部に水が回って電源ショートを起こしたり、思わぬトラブルを助長する虞があります。
その影響か、水濡れして振ったiPhoneは画面が水色になり、そのまま反応しなくることがあります。

電源が落ちず、急きょ分解

こういう時、真っ先にするべき事は電源を切ることです。
なぜなら、濡れた電子機器に電流が流れ続けると渦電流で発熱し回路が壊れたり、電蝕により異種類の金属が触れ合う部分が急激に錆びて使いものにならなくなるからです。
しかし、水没の状況によっては、液晶のタッチはもちろん、ホームボタンも電源ボタンも反応せず、電源が落とせないケースも少なくありません。
電源を落とせないままだと最悪の場合データ消失なども起こり、一刻を争うため、機械好きということも手伝ってiPhoneを分解して電源を落とす方法も考えられます。
ただし、分解することによりメーカー保証が受けられなくなる虞があるので、そのリスクは甘受しなければなりません。
分解用の専用ドライバーでネジ2本を抜いて、吸盤で液晶を引っ張り、バッテリー・コネクタ部のカバーを外してケーブルを抜いて、やっとのことで電源を切断することが可能となります。

しっかり乾燥させて見事復活

基盤の内部には、数カ所に白から赤に変わる水没マークがあり、拭きとっても細かい個所には水滴が残ってます。
そこで、カメラ用のドライボックスに入れ、細部まで完全に乾燥するまで数日間放置するといった対策が考えられます。
しっかり乾燥したところで、バッテリーを繋いでみると見事復活できたという事例は少なくありません。
水没して直ぐなら、電源を落としてしっかり乾かすという、自力のiPhone修理でも元通り復活させることができるというお話です。

ネットで調べてみても、iPhone水没後の自力iPhone修理による復活例は、意外に多く見られます。
ただし、繰り返しますが、分解をすると保証の対象外になる事があるので、そこだけは留意しましょう。