iPhone水没修理をせずに済むためには

水没を防ぐことを考えよう

トイレを利用する際に水の中に落としてしまったり、食事の際にテーブルに置いておいたら飲み物をかけてしまったりと、日常生活の中でついうっかりiPhoneを水没の危機にさらしてしまうことは多いものです。
そのため、水没からiPhoneを無事に生還させるためのコツやデータをサルベージする方法に関する情報が巷には数多く出回っていますし、iPhone修理店でも水没修理を請け負っていない店の方が珍しいほど一般的な修理メニューとして提供されるようになっています。
ですから、以前と比べれば水没時のリスクは低くなっていると言えるでしょう。
とは言え、無事に機器やデータを復旧できるかとやきもきするのはつらいですから、できれば、水没を未然に防ぎたいものですよね。
そのためには、iPhoneを水没から守るための対策を採る必要があります。

防水ケースを利用する

水没から守る対策として一般的なのは、防水仕様のiPhoneケースを装着しておくことでしょう。
防水仕様のケースはたくさん販売されていますから、自分の好みに合うものを選んで購入することができます。
ただ、防水仕様のケースには弱点もあります。
例えば、防水性能を高めるために、分厚いものが多いことです。
このようなケースを装着すると、機器本体のスタイリッシュなデザインが損なわれてしまいますし、かさばるので持ち運ぶのにも操作するのにも不便を感じてしまったりします。
また、ケースの価格も防水機能が付いていないものに比べて高価である場合が多いので、なかなか購入を決断しづらいのです。

保護キャップ付きケースを利用する

水没から守る対策としては、充電ケーブルやイヤホンを差す端子部分を保護するキャップ付きのiPhoneケースを利用する手もあります。
このようなケースは明確に防水性能があるとは謳われている訳ではありませんが、キャップのない通常のケースに比べるとケース内に水が侵入しにくく、iPhoneを水没から守る効果がある程度期待できます。
実際、大量の炭酸飲料をiPhoneにかけてしまったユーザーが、このケースを着けていたため、しばらく電源オフにしてタオルで包んで置いておくという応急処置をしただけで、特に機器に異常が出ずに復旧できた例もあるのです。
保護キャップ付きのケースは防水仕様のケースに比べてスリムなサイズですし、価格も安めに設定されています。
防水仕様のケースの弱点が気になる方の中で、防水性能はそこそこあればいいと考えている方は、保護キャップ付きケースの利用を検討してみるのも良いでしょう。