いち早くiPhone水没修理に持ち込めば、復旧の可能性は高くなる

iPhoneの天敵は水

iPhoneを愛用していて、うっかり濡れた手で触ってしまってヒヤリとした、もしくは完全に水没させてしまったという経験を持つユーザーは少なくないでしょう。
ほんの僅かな水滴でも、iPhoneにとっては命取りになることもありますので、細心の注意を払わなければなりません。
しかし、よく使うアイテムだからこそ、水濡れや水没の危険から完全に切り離すことは不可能だと言えます。
飲み物や水道、お風呂、または雨など、私達の生活の中には、iPhoneの天敵である水分がそこかしこに存在します。
このような空間でiPhoneを使っていて、絶対に大丈夫などということはあり得ないということを肝に銘じておかねばなりません。

振らない、電源に繋がない

しかし、万が一、iPhoneを水没させてしまった時の対処法を知っておけば、パニックにならずに済み、慌てたことでトラブルを大きくしてしまうことは避けられるはずです。
まず、とっさにやってしまいがちなのが、水没したiPhoneから水滴を飛ばそうとして振り回すことでしょう。
ですが、振ってしまうと水分がiPhoneの奥深くまで侵入してしまう可能性がありますので、絶対にやってはいけない行為であることを覚えておいて下さい。
また、充電ケーブルを繋いだり、PCに繋いでデータのバックアップを取ろうと試みたりすることもNGです。
濡れたままで電源に繋ぐと、ショートしてしまう可能性が出てきますから、iPhoneの救済どころか、非常に危険な行為となります。
絶対にやめましょう。
正しくない対処法を行なってしまうと、電源が入らない、もしくは勝手に電源が入る、ホームボタンが反応しない、通話が出来ないなどのトラブルが続出します。
下手にいじらず、表面の水分を拭き取る程度に留めておきましょう。

iPhone修理に持ち込むまでの時間がカギ

iPhoneを水没させてしまった際、表面の水分を拭き取る以外に自分で行なっておきたいのは、SIMカードの回収です。
もしも本体が故障してしまってもデータだけは守れるように、SIMカードはすぐに引き抜き、ティッシュペーパーの上などで乾燥させて下さい。
ただし、非常に小さいカードですので、紛失させないように注意しましょう。
その後は、直ちにiPhone修理に出すのが賢明です。
本体を数日間乾燥させて様子を見るというのも間違いで、水没から修理に出すまでの時間が短ければ短いほど、復旧させられる可能性は高くなります。
水没してしまったからと言って諦めてしまわずに、1日でも早くiPhone修理に依頼しましょう。
また、このような万が一に備えて、こまめにバックアップを取っておくことも忘れてはいけません。