iPhone水没修理の正しい方法とは

間違った対処法

iphone水没させる人なんているのと思われる方もいるかもしれませんが、うっかりiphoneを水の中へ落としてしまうケースが後を絶ちません。
ズボンや上着の浅いポケットにiphoneを入れ、用を足そうとかがんだり、起ち上がったりする瞬間に便器にドボンと落とす人がけっこういるのです。
また、ダイエット中の女性やデトックスブームのあおりで半身浴をしたり、iphoneをいじりながら湯船でじっくり汗をかこうとしていて、うっかり湯船に落としたり、水濡れさせるケースも増えています。
そのほか、テーブルに置いてネットなどを見ている際、ジュースやコーヒーなどをこぼして水濡れさせる例もたえません。
こうして水没や水濡れをさせてしまっても、電源が入るし動作するので、そのまま使っているという方がいます。
また、とりあえず水分を拭いて乾燥させて動くから大丈夫という方もいます。
さらに正規店での修理はデータが消える心配があるからと、どうしようか迷って放置し続けてしまう人もいます。
これはいずれも、間違った対処法であり、思わぬトラブルや取り返しのつかない事態を招きかねません。

水没による恐ろしいトラブルやリスク

水没や水濡れにより、内部に水気がある状態で、電源を入れっぱなしで利用することは基盤ショートを引き起こすリスクがあります。
基盤がショートすれば、大切なデータは失われ、二度と復活させることはできません。
救出した直後は問題なく動いているように思えても、一度でも水没や水濡れを起こすと、内部に残った水分で腐食やサビ等が起こるなどし、液晶漏れや液晶不良・リチウムバッテリーの膨張とそれに伴うパネル割れや発火、基盤故障などのトラブルが後から発生するケースもあります。
乾かせば大丈夫という方がいますが、素人レベルで乾かしたとしても、しっかり乾かせていない場合が多く、特に基盤は水滴の付着によるサビやカビなどが徐々に広がっていき、あるとき突然、画面が落ちたり動かなくなるケースもあります。
基盤が故障すれば、その時点で修理は不可能となり、対応不能になるので要注意です。

正しい対処法は

iPhoneを水没や水濡れさせてしまった場合の正しい対処方法はというと、まずは、電源をオフして電流が流れるのを阻止し、ショートのリスクを回避しましょう。
水没で電源が落ちてしまったからと、どうにか復活させようとして充電するのもNGです。
電流が流れることで、ショートを招きます。
電源を落としたうえで、乾いたタオルなどで水気を優しくふき取る応急措置を施したうえで、とにかく直ぐにiPhone修理店に修理に出しましょう。
電源オフ、水気を拭いてiPhone修理店に持ち込むという、簡単な対処を行うだけで、水没修理の成功率は約7割以上となり、復旧率が飛躍的に上昇します。