iPhone水没修理の方法をネットで調べて復活させるには

ネットで修理法が出回っているのは水没させる人が多いから

iPhoneを日常生活においてうっかり水没させるというのは、珍しいケースではありません。
肌身離さず、どんな場所にも持ち歩く人が増えているため、水没のリスクは常に付きまとっています。
ポケットに入れたままトイレに行って、うっかり便器に落としたり、半身浴や入浴しながらiPhoneをいじっていて手を滑らせたり、ポケットに入れたまま洗濯したといったケースもあります。
うっかり水没させる人が多いこともあり、ネットを調べてみると自分でiPhoneを復活させたという方法が紹介されることも多くなってきました。
どのような方法を取れば、水没させたiPhone修理を自力で行えるのか、実際の体験をもとに確認していきましょう。

電源オフと水分ふき取り

ネットで紹介されている基本の方法を、試していきます。
多くの方がこの方法で復活させているので、期待度は大きく、かつ、専門業者の立場から見ても、大きく方法が間違っているわけではありません。
まず、当然のことながら、水没させたら直ぐに水から引き揚げます。
この時、水気を追い払おうと振ってしまう方がいますが、これはNGです。
内部に水が回って、思わぬトラブルや故障を招いてしまうからです。
大切なのはショートによる故障を招かないよう、電流が流れる状態をシャットアウトすることです。
通常、水没により電源が切れますが、電源が入ったままの場合は電源を落とします。
また、充電器などにもつながないようにしましょう。
次に、SIMカードを抜き、ティッシュに伏せて、金属とプラスチックの接合部分から水抜きをします。

じっくり乾燥がカギを握る

続いて内部を乾燥させるために、ドライヤーでイヤホンジャックなどの穴の部分から風を送ります。
ただし、熱さで部品が変形する虞があるので、冷風で粘るか、やや離したところから温風乾燥を施します。
ドライヤーだけでは完全乾燥には至らないため、内部の水分を徹底的に抜くために、密閉できる袋にiPhoneとお菓子などに封入されている乾燥剤または、乾燥剤の代替品として生米ともに封入して水分を抜きます。
カメラや液晶から水滴が完全に見えなくなるまで、数日から1週間ほど放置するのが基本です。
今回の水没ケースでは、この方法により起動して一応復活したものの、内部からの音が鳴らないといったスピーカー不具合が残りました。
しかし、復帰後3日ほどでスピーカーが元通り音が聞こえるようになり、何度か起こった電源落ちの症状もなくなりました。
時間の経過により、さらに内部乾燥が進んだ結果かもしれません。