海水で水没してしまった時のiPhone水没修理

水没とiPhone

大切に使っているiPhoneも、時には水の中に落としてしまう事が有ります。
例えばお尻のポケットの中に入れておいて、便器の中に落としてしまうとか、洋服のポケットに入れておいてそのまま洗濯機に入れてしまうという事も有るでしょう。
iPhone自体は防水仕様となっていない為、水に濡れてしまうと本体の中に水が浸食して行ってしまいます。
そうなるとそのまま使う事はできません。
まずは濡れた部分を拭き、内部にある水も全て取り除く必要があります。
この時振ったり余計な衝撃を与えると、細部まで水が入り込んでしまう可能性が出てくるのでできるだけ衝撃を与えないように心がける事が重要です。
そしてしっかりと乾燥させたら、iPhone修理に出します。

海水とiPhone

海等に遊びに行くと、時には海の中にiPhoneを落としてしまう事が有ります。
特に遊びに夢中になっている時等は、普段は落とさないように気を付けている人でもミスしてしまう事も珍しくありません。
ただ、注意しなければいけないのは海水と真水は全く質が違うと言う事です。
良く、海の方に住んでる人の車は潮風の影響があると言いますが、これはiPhoneに関しても同様で、通常の水没以上の被害が出てしまう事も少なくありません。
海水に落としてしまった時は、もう全て取り換えるしかないと思っておく方が無難な時もあります。
乾燥させれば使えると言う訳ではないので、早急にiPhone修理に出します。

海水がなぜiPhoneに良くないのか

一般的に水道から出てくる水は、真水と呼ばれて余分な物は殆ど含まれていません。
勿論iPhoneが水没してしまうのは良くありませんが、それはただ単に濡れた事による被害です。
しかし海水には塩分が含まれている為、真水に比べるとはるかに腐食のスピードが速くなってしまいます。
そのままふき取るだけで何とかなる訳ではなく、電源を入れたりするとより状態がひどくなってしまう為注意しなければいけません。
iPhoneを海水に落としてしまった場合は、まずはきれいに水をふき取り、そのままiPhone修理に出します。
ただすぐに出しに行く事が出来ないと言う場合は、水道水できれいに海水を落とす方法もあります。
海水が付着したまま乾いてしまうと、修理するか所が多くなって行ってしまうので、なるべく乾燥させない事が重要です。
可能な限り早く修理に出す事、さらに出来るだけ乾燥させないように注意する事で、iPhoneの状態をより悪化させる事を防ぐ事が出来ます。