iPhoneガラス割れは放っておかないで適切な応急処置を

ふとした拍子にiPhoneガラス割れ あなたならどうする?

地図や乗り換え案内、カレンダーにリマインダーなど、もはや毎日の生活に欠かせないiPhoneですが、コンパクトで持ち運びやすくなった反面、ふとした拍子に破損しやすくなってきました。
面積の広い画面ガラスは、本体を1回落としてしまっただけで驚くほど簡単に割れたり、ひびが入ってしまいますから、取り扱いには注意が必要です。
ですが、ポケットにしまう時やカバンから出そうとした時、気をつけていてもうっかりイヤホンに引っかかって落ちてしまったり、後ろポケットに入れたまま座ってしまったりということもあるでしょう。
そんな時は、慌てずに状態を確認してみて下さい。
本体が曲がっていたり、電源が入らない場合は本体をまるごと交換ということもありますが、割れたのがガラスだけで電源が入る状態なら、お手ごろ価格でiPhone修理が可能かもしれません。

自分でできるiPhoneガラス割れの応急処置とは

ガラスが割れてしまった時、修理に出すまでに状態が悪くなってしまうと修理が難しくなる可能性もありますし、ガラスの破片で手を怪我してしまう可能性があります。
まずは、それ以上ガラスが割れてしまわないように、保護シートやテープなどで補強しておくといいでしょう。
それらが手元にない時は、ビニール袋で包んで丁寧に扱います。
ガラスが割れていると水分が入り込んでデータに悪影響を及ぼすことがあるので、とくに水気のある場所は避けるようにし、密封できるビニール袋に入れておくようにして下さい。
作業をすると目に見えない小さなガラスの粒子が手に付いてしまいますから、作業後はしっかり手を洗いましょう。
また、いつ何が起こるかわかりませんから、早めにデータのバックアップを取っておくことも大切です。
メーカーでiPhone修理しようとすると、データは全て消去されてしまうことも覚えておいて下さい。

使えそうだと思っても応急処置のまま使い続けるのは危険

ひびが入っただけという場合でも、放っておくとひびは放射状に広がっていき、まるで蜘蛛の巣のようになってしまいます。
ですから、使えそうだからと応急処置だけで済ませたりせず、なるべく早く修理に出すようにしましょう。
無理やり使い続けていると、ある日とつぜん電源が入らなくなるということもあるかもしれません。
メーカーや通信事業者で保証やサポートが受けられる場合もありますが、できない時や即日修理が必要な場合などは、iPhone修理の専門業者もありますから大丈夫です。
店舗持込だけでなく、郵送修理を行っているところも多いので、忙しい方でも楽に修理できます。
お値段もメーカーに頼むより安くなることもありますから、まずはネットで専門業者を探してみるといいでしょう。