iPhoneガラス割れを非正規店に依頼する利点と注意点とは

非正規店に修理を依頼するという選択肢もある

iPhoneのフロントパネルはガラスでできているため、衝撃に対して脆いです。
背面や側面だけではなく液晶面も保護できるようなケースを利用していない場合には、うっかり落として液晶面が地面に当たってしまい、ガラスに幾筋もヒビが入った状態になってしまうことも少なくありません。
そんなとき、タッチセンサーが反応するからと言って、そのまま使い続けると、さらにガラス割れが進行したり、割れたガラスで指を切ったりする恐れがありますので、早期に修理することが大切になります。
修理を専門家に依頼したい場合、多くの方は迷わず、iPhoneのメーカー、いわゆる正規店に依頼しようとすることと思います。
正規店はiPhoneに関しての専門家中の専門家だからです。
ただ、実は正規店に依頼する以外にも専門家に修理を依頼する手段が存在しているので、安易に正規店の依頼を決めずに、そちらの手段の利用も検討してみると良いでしょう。
その手段とは非正規店、つまりは正規店以外でiPhone修理を承っている修理店に依頼することを指します。

非正規店に依頼する利点

非正規店に修理を依頼するメリットとしては、修理費用の節約に繋がる場合があることが挙げられるでしょう。
正規店に依頼をする場合には、ガラス割れでも、程度によっては修理費用が高額になることがあります。
それに対して、非正規店に依頼をすると、それよりもはるかに安い金額で修理をしてもらえることが多いのです。
また、修理を即日で完了してくれる非正規店もあるので、すぐに修理を完了させてiPhoneを使いたいという方にとっても便利でしょう。

非正規店に依頼するときの注意点

ただし、非正規店に依頼をするのにはデメリットもあるので、注意は必要です。
デメリットとしては、まず、非正規店で修理を受けた後には正規店のサポートを受けられないということが挙げられます。
メーカーはあくまで自社が提供した製品と修理サービスの質に責任を持つ意味でサポートを提供しているため、正規店のスタッフ以外がiPhoneを分解して修理してしまった製品は、サポートの対象外となってしまうのです。
ですから、ガラス割れを非正規店に修理してもらった後で、またiPhoneが故障した場合には、非正規店にしか依頼ができなくなることを覚悟する必要があります。
それから、非正規店に修理を依頼した後で機器が不調になったとしても保証がないこともデメリットとして挙げられます。
めったに不調が起きることはないですし、起こったとしてもメールや通話、ネット等の使用に支障を来たすような深刻な不調ではないので、心配をし過ぎることはありません。
でも、万一そういった不調が起きた際には自費修理が必要となることを意識しておいた方が、いざというときに焦らずに済むでしょう。