どのiPhoneは高性能だけど何かと不便

iPhoneシリーズは高性能でとても素晴らしいが、日本のメーカーが販売している防水機能がないため水にとても弱く、雨水がかかるだけで内部がショートしてしまい、壊れてしまうことが多いです。
又、iPhoneはmicroSDの差し込みに対応をしていないため、本体に内臓されているフラッシュメモリーにのみ保存が可能なので、容量がパンクしてしまった場合は本体に保存されているアプリなどを削除しないといけないという欠点があり、何かと不便な仕様になっています。
又、本体が壊れてしまった場合もiPhoneの場合はmicroSDがないためiPhoneデータ復旧もしくはiPhoneデータ復元が終わるまで待たなければいけないので、これも不便な理由になっています。

iPhoneのデータ復旧は専門業者に聞くことが大切です

iPhoneは特殊な基盤をしようしているため素人が直すことはとても難しく、iPhone基盤修理も直接Appleに送って修理に出さないといけないので、基盤を修理するだけでとても時間がかかってしまうことが現実です。
しかし、近年はAppleに送らなくても専門業者に送ればAppleよりも格安で修理を行ってくれたり、短期間で修理が終わることもありますので、調べてみることをおすすめします。