iPhone水没修理はもしかしたら自分でできるかもしれない。

iPhone水没するということ。

身近にあるiPhoneは使うのにも慣れてきていて忘れがちですが、本当は精密機器の部類に入るハイテクノロジーの機械だということです。
そしてこの電子機器は防水加工がされていません。
一部防水のカバーなどがありますが大体はミスに濡れれば小さな隙間から浸水し、水に浸かってしまったと同じような状況になります。
つまり、お風呂やトイレに落としてしまう水没もありますが、机の上に置いておいてこぼしたドリンクがかかったり、ポケットに入れていて雨にぬれても水没と同じ状況になるということでうす。
そうですiPhoneは日常に水没の危機が潜んでいるのです。
しかしそんなときもあわててはいけません。
水没した場合のiPhone修理は自分で行える可能性があるのです。

iPhoneが水没した時の対応策

iPhoneが水没した可能性があった場合まず行うことは電源を切ることです。
水没することにより電子機器のパーツや配線などが濡れてショートすることによって回路が破損するといわれているのでまずは電気の供給を止めることが優先となるのです。
電気の供給を停止したら次に行うのはiPhoneの中にある回路を濡らしている水分の除去です。
これについては様々な方法が考えられているのですが安価で効果的でおすすめできるのがシリカゲルなど乾燥剤を使った方法です。
大量の乾燥剤でiPhoneの周りを包みビニール袋などで密閉し乾燥させる方法です。
概ね三日程度の乾燥で復活するそうです。
ほかには無水アルコールを使って置換して乾燥褪せる方法。
真空引きで強制的に乾燥させる方法。
身近なところでは米櫃に入れて水分を乾燥させる方法まで実に様々な方法が考えだされています。
どの方法でも気を付けなければいけないことは、十分な乾燥が見込めるまでは絶対に電源を入れてはいけないということです。
途中で電源を入れてもし水分が残っていた場合、回路を流れた電気はどこかしらをシュートさせる可能性が高いです。
乾燥というわかりにくい地道なプロセスではありますがiPhoneを復活させるためにもぐっと我慢して乾燥をまちましょう。

乾燥させてダメだったら

十分に乾燥させてなおかつ慎重に電源を入れてもしiPhoneが復活しなかった場合は電池が十分に充電されているかを確認しましょう。
それでもダメだった場合はキャリアかアップルストア、専門業者に修理を依頼してください。
分解して清掃するつわものの話も聞きますが不十分な知識で行うと中のデータを失うばかりではなく破損や発火など思わぬことが起きるかもしれません。