iPhone修理八王子|
ホームボタンの反応が鈍くなったときの対処方法

ホームボタンの反応が遅い場合は補正の必要があるかもしれません。補正をするには以下の手順に従ってください。

手順 – 1

ホーム画面
「Safari」や「カレンダー」など、何でもいいのでアプリを開く。
.
手順 – 2

「電源オフ画面」が現れるまで、電源ボタンを押し続ける。

電源オフ

手順 – 3

ホームボタン
次にホームボタンを5~10秒押し続ける。
.
直りましたか? もし直らなければ次に進んでください。

  1. ホームボタンを調整し直す

このステップに進んだ場合、反応が遅いのはソフトウエアの不具合が原因ではありません。30ピンコネクタの再調整が必要かもしれません。再調整をするには以下の手順に従ってください。

手順 – 1

充電コネクタを本体に差す。

手順 – 2

コネクタを差し込む
コネクタをホームボタンの背面に向かって軽く押し込む。
.
手順 – 3

ホームボタンを押す。
.
もし直らなければ次に進んでください。

  1. ホームボタンを掃除する

充電コネクタ

先の2つの方法で直らない場合、ごみや粘着物質が付着してホームボタンの働きを邪魔している可能性があります。以下の手順で掃除を行って下さい。

  1. 純度99.9%のイソプロピルアルコールを用意します。消毒用アルコールは絶対に使用しないでください。消毒用アルコールには水分が含まれるため、本体を壊す恐れがあります。

  2. ホームボタンとその周辺にイソプロピルアルコールを数滴塗布する。
    ※液晶部分に付着しないようにして下さい。

  3. ホームボタンを軽く叩く。約10分置いたのち反応を確認する。

※この方法でホームボタンが劇的に改善された、という人がたくさんいる一方で、危険だから絶対おすすめしない、という意見の人もいるようです。

直りましたか? まだ直らない場合は次に進んでください。

  1. 【Assistive Touch】を設定する

まだ直らない場合は、「Assistive Touch」を有効にして、仮想ホームボタンを使いましょう。

【Assistive Touch】をオンにする

【設定】→【一般】→【アクセシビリティ】→【Assistive Touch】の順にタップして、Assistive Touchをオンにします。すると、画面右上に丸いボタンが現れます。このボタンが、ホームボタンの役割を担ってくれます。たとえ、物理的なホームボタンが調子悪くても、この仮想ホームボタンがあれば心配無用です。

Assistive Touch

仮想ホームボタンでホーム画面に戻る

仮想ホームボタンを使って、《Assistive Touch》画面からホーム画面に戻ってみましょう。仮想ホームボタンをタップすると、【ホーム】ボタンが表示されるので、これをタップすれば、ホーム画面に戻ります。

仮想ホームボタンでスクリーンショットを撮る

スクリーンショット
仮想ホームボタンをタップして、【デバイス】→【その他】の順にタップすると、【スクリーンショット】ボタンが表示されます。これをタップすると、物理的なホームボタンを使うことなく、スクリーンショットを撮ることができます。

iPhone修理八王子:http://iphoneshuri-8prince.com/
iPhone修理八王子:http://iphoneshuri.com/