自分でiPhoneの水没を修理

コミュニケーションツールとしても欠かせないアイテムがiPhoneです。
そんなアイテムが万が一故障してしまったら大変なことになってしまいます。
例えば、思わず水没させてしまった場合、一般的には専門の業者へ持っていきますが、応急処置の方法を把握しておくだけで、自分で修理をすることが可能です。
まず、第一に電源を切ります。
この時、確認しておきたいのが水に濡れてしまった時、電源が切れているかどうかです。
電源が切れているのならば、絶対に電源を入れることなくそのままにしておきます。
次にカバーなどを取り付けている方はすぐに外し、本体の水分を拭き取ります。
SIMカードも一緒に拭き取りますが、とても小さいのでティッシュに包んで、無くさないように注意が必要です。
そして、イヤホン端子などの細かい個所を出来るだけしっかりと水分を抜き取ります。
ここで、しっかりと水分を拭き取らなければ、iPhoneの中に水が入り込んでしまうので、しっかりと拭き取ることがポイントです。
全ての水分を拭き取った後、本体をティッシュで包み、食品保存用のジップ機能が付いた袋に乾燥剤と共に入れます。
4から5日程放置しますが、ほんのり温かい場所としてパソコンの上に置いておくと良いです。
数日後、電源がついてスピーカーやカメラ機能が復活すると成功となります。