自分でできるiPhone水没修理

水場でiPhoneは危険です

iPhoneなどのスマホにとって最も避けなくてはならないものが水です。
水没してしまうとデーターがすべて消えてしまう可能性があります。
今までの旅行などの思い出写真はもちろん、お気に入りの動画や音楽、さらに友人や会社関係のアドレスまで一瞬にして消えてしまう可能性があります。
もちろん、バックアップをしていれば問題はありませんが、バックアップを怠っているとそれは悲劇でしかないでしょう。
そのため、プールや海、お風呂場など水のある場所にスマホを持っていかないようにするのが一番懸命です。
しかし、それでもやむおえない事情で、水場にiPhoneを持ち込むこともあるでしょう。
その際は、ビニールなどに入れて水がかからないようにするのが賢明ですが、それでも何かの拍子に水にポチャンなんてことが起きることもあると思います。
そんな時の対処法を紹介したいと思います。

自分でできる対処法

もし、水の中にiPhoneが落ちてしまったらiPhone修理に出すことが大前提ですが、自分でできる対処法もあります。
まず、水からそっと取り出しましょう。
水が入っているかもしれないと思って振ったりするとほかの場所にまで水が回ってしまい、不必要なショートを起こしてしまいかねません。
もし海水などの不純物があるところに落としてしまった場合は、水道水で洗い流しておきましょう。
不純物があると電気が通りやすくなり、ショートを起こしてしまうからです。
そのあとは本体を布などで拭い、電源が付かないならショートしてしまわないようにそのまま電池を抜きます。
最後は除湿器、もしくはジップロックの中に乾燥剤をいれて中の水が蒸発するまで最低1日以上放置しておきます。
1日以上、放置して水が乾いたかなと思ったら電池をセットして電源を入れます。
これで電源が入ったら急いでバックアップを取ることをおすすめします。
こうすれば、あなたの大切な情報を失わずに済む可能性が高くなります。
また、ドライヤーで乾かすなどの方法もありますが、熱がこもってショートしてしまう危険性があるためおすすめできません。

最後は修理へ

これまで取り上げた対策方法は、あくまで応急処置になります。
そのため、電源がつかなくなったりボリュームボタンが反応しない、Dockコネクターで警告が表示されるなどの問題が継続される場合はiPhone修理業者に出したほうが賢明です。
一度、水没してしまったiPhoneはどこかに水が残っていたりして、いきなり電源が切れて動かなくなる可能性があるからです。
急に動かなくなると困りますよね。
バックアップを取ったら修理へ出して、元通りにしてもらうのが一番です。