■スマホ最大の弱点であるタッチパネル

スマホを使う際には指で感覚的に操作する事ができ、手の動きについてはタップ・フリック・スワイプなどと独特の名称がつけられ様々な動作が可能になるのですが、いずれもタッチパネルが有効であればこそであり、壊れた場合には操作が一切できなくなります。
普段パソコンなどを使われている方の場合は、万が一にもキーボードが壊れても簡単に付け替えが可能になりますが、一方でスマホではそうしたこともできなく、どのように対処すれば良いのでしょうか。

■iPhoneのタッチパネルが反応しない場合の対処法

お持ちのiPhoneで画面に触れても反応しない場合にご自身でできる範囲で対処法を行うことになり、本体端末の不具合もそうですがまずは指の状態を確認してみましょう。
スマホが操作が出来ないことと指の状態にはどのような関係性があるのか気になるところですが、実は指が極度に乾燥していた場合は操作できないケースが少なからずあります。
これは皮膚が乾燥していることで電荷が通りにくくなることが原因として考えられ、指先を少し湿らせてから操作してみると良いでしょう。
続いて端末側の不具合について考えたときには、ホームボタン+電源ボタンを同時に20秒ほど押し続けて再起動してみましょう。
また画面の表面に汚れが付着しているケースも考えられますので掃除を行うことはもちろんですが、画面を守るために貼付する保護シートもまた操作性を低下させることもあり、シートによっては剥がした方が良い場合があります。

■修理が必要なケース

またそれ以外でiPhoneのタッチパネルが反応しないケースとしては、水に濡れたり水没した場合、落下した場合、踏みつけた場合、パネルにひびが入った場合、などはいずれも内部構造に物理的なダメージが加えられたことが考えられますので個人がおこなう対処法では治せるものではなく、いずれかの原因に見に覚えがある場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

作業時間1時間、iphone6plus:28,800円、iphone6:26,800円、iphone5s/iphone5c:12,800円、iphone5:9,800円、iphone4s/iphone4:6,800円にてお受けしております。