埼玉のiPhone修理ならお任せ下さい|ホームボタンとは

ホームボタンとは特にiPhoneシリーズで画面下に位置しているボタンのことを指しており、ホーム画面にアクセスすることを目的にしたボタンになります。
Android系のスマホの場合はここに3つほどのボタンが並んでおりパソコンのマウスと似たような操作を行うことが出来るのですが、一方でiPhoneの場合はボタンが一つしかありませんので押す回数も非常に多く、時にボタンが壊れてしまい反応しない場合もあるのですが、どのように対処すれば良いのでしょうか。

埼玉のiPhone修理ならお任せ下さい|反応しない場合の対処法

まずボタンが反応しないときは自身のできる範囲で対処する事になり、何でも良いのでアプリを起動してから電源ボタンを長押して画面に電源オフを表示させ、ここで電源ボタンから指を離してこんどはホームボタンを長押ししてみましょう。
長押しによりホーム画面が表示されれば一時的なシステムのトラブルが解消された事になりますが、それでもホーム画面に戻らない場合は電源を一度切り再起動させてみましょう。

iPhone修理が必要なケース

上記の対応でホーム画面に戻らないケースや、ボタンが取れたりへこんでしまい物理的に故障している場合にはApple storeなどにiPhoneを持ち込んで修理を行う必要があります。
ただこのときに画面の表示がされないなど壊れた箇所が深刻なわけではなく、ボタンの修理ぐらいで高いお金を出したくないといわれる方も多く、そうした時にはAssistive touch(アシスティブタッチ)と呼ばれる機能を使うことも解決策の一つになります。

このAssistive touchとは画面上にボタンがアイコンとして映し出すことが出来るもので、下のボタンが使えなくても画面上に表示したホームボタンを押すことでまったく同様の操作を行うことが出来ます。
表示の仕方は、設定→一般→アクセシビリティ→Assistive touchに入り機能をオンするだけになるのですが、ただ利用に際しては画面上にアイコンが映し出されるため視認性で若干劣る事になります。