水没させてしまったiPhoneを修理に出すまえに試したい方法

電子機器に水気は大敵です。
取扱いには厳重な注意を払っているつもりでも、毎年携帯電話などを水に浸してしまいダメにしてしまう人が後を絶ちません。
トイレや海でうっかりiPhoneを水没させてしまい、絶望した経験がある人も多いと思います。
一度水に浸ってしてしまったiPhoneは修理に出さなければ起動しないことがたいていですが、修理に出すのはお金がかかるし面倒だと感じる人も多いと思います。
そんな時は、応急処置として以下の方法を試してみましょう。
再起動の見込みがないiPhoneでも奇跡的に復活する可能性があります。
やり方は単純で、本体に向かってドライヤーの強風を吹きかけるというシンプルなものです。
まず、本体の電源を落とし、外側をよくタイルでふいてください。
その後で、水が入り込みやすいわずかな隙間を狙ってドライヤーの風を吹き込みます。
この時、温風でなく冷風を使うのがポイントです。
温風を当てた方が内部がよく乾きやすい感じがしますが、必要以上に熱を与えることで逆に電子部品をダメにしてしまう恐れがあるので控えましょう。
冷たい風を入念に2時間程度あて、内部がよく乾いたころにもう一度本体の電源を入れてみて下さい。
この方法で奇跡的に復活することがあります。
それでもダメな場合、一刻も早く修理に出しましょう。